婦人

症状が自覚しにくいうつ病の原因はストレス

治療について

女性

うつ病は治療にとても時間の掛かる病気です。自覚もしにくいため、発見が遅れてしまうことも原因の一つでしょう。万が一の時の為に、この病気の治療方法について知っていると安心です。基本的にこの病気の治療は3つの段階に分けて行います。まず、急性期ですが休養を取りながら、薬物治療で治療を開始するのです。治療でとても大切になるのが休養で、社会人の方なら完全に会社を休む必要があります。社会人の方は会社でストレスを溜めていることが原因になっていることが多いので、会社に通勤しながら治療をしても意味がないのです。また、薬物治療は睡眠導入剤や抗うつ剤などを使用して行います。抗うつ剤の特徴として、効果よりも副作用の方が早く現れることが挙げられるでしょう。基本的に効果が体感できるまでに数週間を要します。ですが、副作用の方がこれよりも早く現れて、最初の内は強く出るのです。効果が体感できるまでは根気よく抑うつ剤を使用し続ける必要があります。抑うつ剤の効果として苛々や不安、憂鬱感を解消することができるでしょう。また、日常生活への興味が戻ってきて、生活を段々楽しめるようになってきます。次の段階が回復期ですが、この期間は回復と悪化を小刻みに繰り返しながら状態を安定させていくのです。症状が回復したと思ったら、すぐに症状が悪化します。一旦、症状が回復したことに一喜一憂せずに、ゆっくりと治療していくことが大切です。徐々に状態が安定し、体力や気力も戻ってきます。急性期に比べると大分体力や気力が戻ってくるので、行動力が出てくるでしょう。この期間に注意したいことが希死念慮です。突然死を意識するようになり、自殺について考えるようになります。うつ病の症状が重い時は自殺について考えることがあっても、実行に移す体力や気力がないので自殺を実行に移すことが出来ない場合があるでしょう。ですが、回復期になると体力も気力も回復してくるので、思いついた時に行動に移すことができるのです。その為、家族や友人など周囲の人間は、回復期で体力や気力が戻ってきているからと油断するのは禁物でしょう。突然行動を起こすことが多いので、様子を注意深く観察することが大切になります。最後の段階が再発予防期です。うつ病は再発率が非常に高く、再発予防に力を入れる必要があります。一般的に症状が安定した後も1年から2年程は薬物治療を続けるのです。薬物治療を終えるかどうかの判断は医師がするので勝手に薬物治療を止めてはいけません。また、薬の飲み忘れにも注意しましょう。薬物治療を止めたい時は一度、医師に相談する必要があるのです。また、突然症状が出始めることがあるので、うつ病が治った後でもしっかりとした予防が必要になります。