婦人

症状が自覚しにくいうつ病の原因はストレス

色んな種類がある

男の人

うつ病にはいくつかの種類があり、種類によって症状が異なります。病気の早期発見の為に、どのような種類があるのか勉強していきましょう。まず、有名な種類として挙げられるのが仮面うつで、これは心よりも身体の症状の方が先に現れる種類です。口腔内の渇きや違和感、頭痛や肩こり、動悸や吐き気、胸や胃の不快感、手足の痺れなど他の病気と間違えてしまうような症状が現れます。その為、内科などを渡り歩いた後に心療内科や精神科へたどり着くことが多いのです。この場合、病気の発見が遅れているため症状が悪化していることがあります。原因不明で、抑うつがある場合は心療内科や精神科を受診すると良いでしょう。ただ、身体に現れる症状は別の病気でも良く現れます。その為、簡単にうつ病と判断できないのが難点なのです。仮面うつは特に自覚しにくい病気の一つなので、注意が必要になってきます。周囲の人からのアドバイスで病気と発覚することもあるので、原因不明の頭痛や肩こりなどで困っている方がいたら心療内科や精神科への受診を勧めてみましょう。そして季節性うつは、その名の通り季節に影響されるうつ病です。四季の移り変わりに大きく影響され、その季節の間だけ発症してしまいます。季節性うつの中でも冬季うつが最も有名と言えるでしょう。冬季うつは冬に発症する病気です。冬に向けて寒さが本格的に厳しくなり、日照時間も短くなってくることで発症します。10月から12月の時期に発症することが多いでしょう。また、3月頃になって暖かくなってくると回復するのです。原因は諸説あり、日照時間が短くなることが大きな原因と言われています。日照時間が短くなるとバイオリズムが狂い、体内分泌物のバランスが崩れてしまうのです。そのようなことから日照時間が短くなることが原因と言われています。基本的に季節性うつは時間が経過し、季節が移り変わることで回復するので病気だと自覚出来ない方が多いのです。冬季うつは他のうつ病とは違った症状が出ます。一般的には睡眠障害が発症することが多いと言えるでしょう。極端に寝付けなくなり、眠りも浅くなるのが特徴です。ちょっとした事で目を覚ましてしまいます。一方、冬季うつの場合は逆に過眠になるのです。1日に10時間以上寝ても眠気が取れなくなり、1日の殆どの時間寝てしまう方もいます。また、食欲に関しても過食気味になり、特に甘いものを異常に摂取しようとするでしょう。胃の許容範囲を超えても甘いものを摂取しようとしてしまうのです。冬季うつを治療するには、光照射療法を用います。強い光を当てることで脳を活性化させ、生活リズムを整えるのです。また、朝起きてすぐに太陽光を浴びるのも効果的で、軽い運動を取り入れるとさらに生活リズムが整います。