婦人

症状が自覚しにくいうつ病の原因はストレス

似ている病気

病院

精神病にはいくつか種類があり、その中でも有名なのがうつ病です。ですが、この病気と似ている病気も少なくないので覚えておくようにしましょう。似ている病気を覚えておくことで、適切な対応を取ることができるのです。まず、似ている病気として不安障害などが挙げられます。人間なら誰でもこうなったら、ああなったらなどという不安を抱えています。一般的にはその不安に明確な理由や原因があり、原因や理由に対処することで不安を取り除くことができるでしょう。ですが、不安障害の場合は継続的に不安を抱き続けてしまいます。本来は原因を対処することができますが、不安障害の場合は必要以上に大げさで漠然とした不安の為、中々症状を解消することができません。例えば、地震で地面が崩れたらどうしよう、飛行機が自分の所に落ちてくるかもしれないなどといった不安です。不安障害は最近まで神経症の一つとされていました。基本的に名前の知られていない病気の一つで、治療が必要な病気という認識があまりないのが現状です。そしてパニック障害もうつ病と似た病気の一つでしょう。症状としては手足が震えて息苦しくなったり、動悸やめまい、発汗などの発作が何の前触れもなく起きます。日常生活に支障をきたしてしまうのです。発作を自分自身でコントロールすることは出来ません。発作を恐れて外出できなくなってしまう方も多いのです。また、逃げ場がないように感じる空間に入る事で発作が起きることもあります。電車やエレベーターの中など逃げ場がない空間として挙げられるでしょう。パニック障害の症状は心筋梗塞や呼吸器の病気と似ているので、別の病気を疑うことも少なくありません。また、原因が判明しないまま発作を繰り返すことで、発作に対する恐怖心がましていくのです。パニック障害の症状として予期不安という症状があります。一度発作を経験すると、また発作が起きるかもしれないと思い込むことです。次に発作に対しての恐怖を強めてしまいます。パニック障害における治療としては投薬治療が挙げられますが、これは発作を抑えるための治療です。パニック障害は精神療法では改善することができません。次に、うつ病と似ている病気として近年増えてきたのが強迫性障害です。通常、家を出た時に戸締まりをしっかりとしたかどうか気になる方は多いでしょう。些細なことが心配になることは多いですが、強迫性障害の方はこのような些細なことに対して執着するのです。異常に執着するので日常生活にも支障をきたしてしまいます。また、強迫性障害の症例として有名なのが手洗いです。何かを触るとバイ菌などが手に付いているような気がして、何かに触れる度に異常に手洗いをすることが挙げられます。強迫性障害の症状は大きく分けると上記の二種類に分けられるのです。強迫観念と脅迫行為が挙げられます。このようにうつ病と似ている病気は意外にも多いのです。