婦人

症状が自覚しにくいうつ病の原因はストレス

性格と気質

医者

うつ病と上手に付き合っていくには、自分の性格や気質について知っておく必要があるでしょう。基本的にこの病気になりやすい性格や気質があるので、自分がその性格や気質に当てはまるかどうか知っておくと良いでしょう。自分の性格や気質が病気になりやすいと分かるだけで、症状が現れた時でも病気と上手く付き合っていく事ができるようになります。基本的にうつ病はストレスが原因とされており、症状を自覚しにくい病気です。この病気になりやすい方は性格の面で共通点が多いと言われています。一つ目の共通点が真面目なことです。真面目な方は一生懸命頑張りすぎて、自分の限界を超えてしまうことが多くなります。限界を超えているのに頑張り続けると、いつか壊れてしまうでしょう。また、真面目な方は症状が現れても自分一人でなんとかしようとしてしまいます。その為、余計に病気の発見が遅れてしまうのです。健康を維持する為にはバランスが大切になります。自分の身体と心の限界以上に頑張り続けるとバランスが崩れるので気をつけましょう。そして、完璧主義者の方もストレスを感じやすいので、この病気になりやすいと言えます。基本的に完璧主義者の方はちょっとしたことにでも完璧を求めて全力を尽くすのです。ほんの些細なことにも気を取られてストレスを生じさせてしまう傾向があります。ある程度、力を抜くことを覚えるとストレスを軽減することができるでしょう。また、自己表現が苦手な方も病気になりやすいと言われています。自分が感じていることや思っていることを相手に伝えることができないので、それがストレスになるのです。抑うつ症状などが出て、相手に分かってもらえないことに不満を覚える傾向があります。周りの人間は自分の事を分かってくれないと思うことが多い方は注意しましょう。そしてうつ病になりやすい気質として挙げられるのが循環気質です。これは躁とうつが交互に行き来することを意味しています。気分が高まり明るく振る舞っているかと思ったら、気持ちが落ち込み塞ぎ込んでしまうのです。精神的に不安定な気質と言えます。性格的には社交的でユーモアがあり、対人関係にも問題がない方が多いでしょう。一方で突然暗い顔をしたり、悲観的になったりします。他にも執着気質やメランコリー親和型気質がうつ病になりやすい気質として有名です。執着気質は真面目で責任感が強い気質で、何に対しても全力で取り組みます。完璧主義の傾向がありストレスを溜めやすいのです。メランコリー親和型異質の方は悲哀や憂鬱といった感情と親和性が高い気質で悲観的になりやすいと言われています。周囲への気配りができ、常識的で和を重んじることが多いでしょう。ですが、何か問題が発生すると自分を責めてしまいストレスを感じてしまうのです。